「まだ見ぬまちへ~石巻・小さなコミュニティの物語~」特別披露上映会のご案内

震災後に門脇小学校映画二部作『津波のあとの時間割』『3月11日を生きて』を発表した、青池憲司監督の石巻映画第3作の特別披露上映会が開催されます。

【タイトル】
「まだ見ぬまちへ~石巻・小さなコミュニティの物語」

【映画内容】
震災前のこの地域にはどんな暮しがあ ったのか。住民が語る〝わがまち〞の記憶。
地震と津波で壊滅的な被害を受けた、石巻市門脇・南浜・雲雀野地区の「人とコミュニティの再生」を6年半にわたって撮影した長篇ドキュメンタリー映画。

【日時】
●11月18日(土)
昼の部 13:30開会(13:00開場、14:30~17:00映画上映)(定員60名・先着順)
夜の部 18:00開会(17:30開場、18:15~20:40映画上映)(定員60名・先着順)
●11月19日(日)
昼の部 13:30開会(13:00開場、13:45~16:10映画上映)(定員60名・先着順)

【会場】
かほくホール【入場無料】
石巻市千石町4-42 (駐車場はありません)

詳細は下記チラシをダウンロードし、参照してください。

チラシ

Copyright(c) 東京・石中会 All Rights Reserved.