TOP > 重要情報(イベント、お知らせ、等) 

重要情報(イベント、お知らせ、等)

    三浦梓さんコンサート「光が丘美術館コンサート」

    石中59回生の三浦梓さんが大学院を修了しまして、初めての自主企画コンサートを開催します。
    是非ともご参加いただき、熱い声援をかけていただけるよう、お願い致します。
    日時:2018.2.11.(日)開場13:30、開演14:00
    
    会場:光が丘美術館
    
    *都営大江戸線「光が丘」駅徒歩3分
    
    料金:3,000円
    *尚、三浦梓さんは3・11に開催予定の「和光3.11を忘れない」コンサートにも参加されます。
    こちらも奮って参加ください。


    「まだ見ぬまちへ~石巻・小さなコミュニティの物語~」特別披露上映会のご案内

    震災後に門脇小学校映画二部作『津波のあとの時間割』『3月11日を生きて』を発表した、青池憲司監督の石巻映画第3作の特別披露上映会が開催されます。

    【タイトル】
    「まだ見ぬまちへ~石巻・小さなコミュニティの物語」

    【映画内容】
    震災前のこの地域にはどんな暮しがあ ったのか。住民が語る〝わがまち〞の記憶。
    地震と津波で壊滅的な被害を受けた、石巻市門脇・南浜・雲雀野地区の「人とコミュニティの再生」を6年半にわたって撮影した長篇ドキュメンタリー映画。

    【日時】
    ●11月18日(土)
    昼の部 13:30開会(13:00開場、14:30~17:00映画上映)(定員60名・先着順)
    夜の部 18:00開会(17:30開場、18:15~20:40映画上映)(定員60名・先着順)
    ●11月19日(日)
    昼の部 13:30開会(13:00開場、13:45~16:10映画上映)(定員60名・先着順)

    【会場】
    かほくホール【入場無料】
    石巻市千石町4-42 (駐車場はありません)

    詳細は下記チラシをダウンロードし、参照してください。

    チラシ

    首都圏・石巻ゆかりのお店紹介 2017年度

    首都圏で活躍する石中OB ・OG 紹介 2017年度版

    「石巻市 まち・ひと・しごと創生総合戦略 五ヵ年計画」(平成27年度~平成31年度)特集-交流人口拡大・雇用創出拡大への取り組み-

    ごあいさつ

    新緑の候 東京石中会の皆様にはますます御清祥のこととお慶び申し上げます。
    日頃より、母校石巻中学校の発展、ふるさと石巻の復興のために一方ならぬ御支援を頂いておりますことに対し、深く感謝申し上げます。
    さて、本市では、震災からの6年間、全国、世界中から物心両面にわたる御支援を頂きながら、様々な課題を乗り越え、住まいの再建を最優先に一歩一歩着実に復興を進めてまいりました。
    昨年度は、防災集団移転や復興公営住宅による住まいの再建、市立病院をはじめとする医療施設の再構築、新たな産業用地の整備等による産業再生の基盤づくりを確実に進めることができ、目に見えて復興が実感できる年となりました。
    今年度は、復興基本計画に掲げる「再生期」の最終年度であり、「発展期」につなぐ重要な年となります。施政方針に掲げた「安心して暮らせるまちづくり」、「産業の再生と人材育成」、「子育てしやすい環境づくり」、「市民の健康づくりの推進」、「絆と協働の共鳴社会づくり」の5つの重点施策の実現に向け、各種事業に進取果敢に取り組んでまいります。そのうちの一つである「水辺の緑のプロムナード事業」につきましては、旧北上川沿いの区画整理事業、市街地再開事業、国による堤防整備事業を一体的に行うことで、賑わいと安らぎの空間を創出するものであり、「観光交流施設(かわまち公共施設)整備事業」との相乗を図り、川とともに生きる石巻らしい復興まちづくりを具現化するものでございます。
    そして、真の復興を実現させるためには、復興事業の推進とともに「まち・ひと・しごと」の創生が不可欠であることから、「石巻市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に位置付けした施策を着実に進め、人材育成や交流人口の拡大、安心して子育てができる環境整備に努めてまいります。
    震災からの復興は道半ばであり、依然厳しい状況にはありますが、必ずや復興を成し遂げ、復興後の持続的発展を見据えたまちづくりを推進してまいりますので、なお一層の御支援、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
    結びに、貴会のますますの御発展と会員の皆様の御健勝をお祈り申し上げ、挨拶といたします。

    平成29年5月

    石巻市長 亀 山   紘

    東日本大震災5周年チャリティーイベント「あの日をつなぐ」

    未曾有の大震災に見舞われた「あの日」の記憶を未来につなぎ、“来るべき大地震”への備えを呼びかけるとともに、被災地を支援し勇気つけるメッセージをおくる。

    ○3Dドキュメンタリー映画「大津波 3・11 未来への記憶」
    ○池上彰講演「これまで、そして、これからの日本」
    ○シンガーソングライター鈴木あい「ミニライブ」
    ◆日時:平成28年3月6日(日)13時30分~16時30分(13時開場)
    ◆会場:文京シビック大ホール1階
    ○写真展「東北の学校」― Schools in Tohoku ―
    ◆日時:平成28年3月6日(日)~9日(木)9時~19時(6日は12時開場) 
    ◆会場:アカデミー文京 展示室1(文京シビック1階)
    ◆写真家:檜佐文野
    <入場は全て無料です>
    ○「大津波 3・11 未来への記憶」のDVD販売と被災地の物産の即売

    ◆主催:石巻支援三七会、文京区(共催)
    ◆後援:宮城県 岩手県 石巻市 ㈱NHKメディアテクノロジー

    文京シビック(文京区春日1-16-21)
    http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html

    <応募要領>
    12月25日からの「一般募集」に応募いただくようお願いします。
    「応募要領」は募集開始までに、文京区のホームページに掲載される予定ですので、そちらをご覧ください。(メールと往復ハガキによる募集の予定です。)なお、応募多数の場合は【抽選】の予定です。

    石巻フェア・オープニングセレモニー開催!!

    「石巻フェア・オープニングセレモニーが東京ステーションホテルで開催!!」

    平成27年度「東京石中会 役員改選」のお知らせ

    東京石中会会員の皆様へ

    2015.12.4.
    前会長 飯田勝紀

    日頃は東京石中会にご支援・ご協力いただきまして感謝とともに心より御礼申し上げます。
    表題の件、平成27年度「東京石中会 新役員」が次のように決まりましたのでご報告申し上げます。
    新役員は、加藤友成新会長(18回生)を初めとしてかなり若手の布陣となりました。
    今後の企画運営に当って、会員の皆様方のご期待に応えられる陣容と確信しております。
    本来なら、役員改選は総会においての議決事項ですが、異例ながら役員会一任の総会承認を得て、11月7日の役員会で審議して今回の運びとなりました。つきましては、新役員の発効は平成27年11月8日からとなります。ご了承のほどお願い申し上げます。
    平成28年度(4月~)に向けた実質的な活動は2016年1月より開始いたします。
    今後ともよろしくお願い申し上げます。

    会 長

    加 藤 友 成

    18回生

    副会長

    菊 池  正

    9回生

    相 沢 貞 止

    18回生

    事務局長

    相 沢 貞 止

    18回生

    事務局副局長

    小 野 寺 康 之

    31回生

    岩 崎 久 仁 夫

    18回生

    会計部部長

    綱 島 祐 子

    31回生

    会計部副部長

    渡 辺 淳

    26回生

    広報部部長

    浅 野 剛

    36回生

    広報部副部長

    島 貫 裕 之

    31回生

    広報部特任顧問

    首 藤 光 春

    8回生

    会計監査

    徳 江 明

    5回生

    飯 田 勝 紀

    9回生

    顧 問

    鈴 木 健 司

    8回生

    上 原 藤 三

    5回生

    早 川 幸 子

    5回生

    鈴 木 恵 美 子

    5回生

    阿 部 剛

    3回生

    青 沼 義 信

    3回生

    「第12回東京・石中会の集い」を終えて

    ~平成27年7月11日(土)in 水月ホテル鴎外荘(富士の間)~

    東日本大震災5周年チャリティーイベント「あの日をつなぐ」

    東日本大震災5周年チャリティーイベント
    「あの日をつなぐ」開催!

    お得な石巻市ふるさと納税のお誘い

    地方創生事業 第一号に認定 特集・石巻地域再生計画

    石巻市の地域再生計画が安倍政権の進める地方創生事業の第一号認定を平成27年1月22日に受けました。昨年末の改正地域再生法に基づき地方自治体による地方創生のモデル事業と位置づけられております。今号はその概要について石巻市より寄稿いただきましたのでご紹介いたします。
                    加藤友成(18回生)

    あ い さ つ

    拝啓 早春の候 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
     東日本大震災以降、会員の皆様から力強い御支援と御声援を頂いていることに対し、心より感謝申し上げます。
     東日本大震災から4年が経過した今年は、5月の仙石線全線開通、8月の水産卸売市場の完成、そして復興公営住宅も平成27年度内に1,500戸の供給予定となり、「再生」に向けてさらに一歩を踏み出した様々な取り組みを着実に進め、「復興」を確かなものにしていく重要な年となります。
     また、東日本大震災最大の被災地石巻市にとって、少子・高齢化への対応や定住の促進は喫緊の課題であり、これまでも次世代型地域包括ケアの構築や、かわまちづくりと連動した賑わいと安らぎのある、歩いて暮らせるまちづくりの推進に向け取り組んでまいりました。

    その取り組みが先導的なものとして、国の地域活性化のモデルケースに選定され、さらに、昨年末に改正された地域再生法に基づく地域再生計画の第1号認定を得たところであります。東日本大震災により本市は、依然として厳しい状況に置かれておりますが、新たな街づくりを推進しながら、快適で住みやすく、市民の夢や希望を実現する「新しい石巻」の創造を目指してまいりますので、今後とも、本市の復興を見守りいただければ幸いと存じます。
    末筆ではありますが、貴会のますますの御発展と会員の皆様の御健勝をお祈り申し上げ、御挨拶といたします。

    敬具

    平成27年3月
    石巻市長 亀 山   紘

    広報誌「友よ」 第十一号

    広報誌「友よ」 第十一号

    「3.11を忘れない」コンサート ~平成27年3月14日( 土) in 和光市民文化センター~

    東日本大震災から4年が経過した平成27年3月14日、「3.11を忘れないコンサート」が和光市文化センターで開催されました。コンサートは感激・感動・感謝のうちに終了いたしました。東京石中会は微力ながら少しでもお役に立てればと考え今回のイベントの後援をさせていただきました。ここに主催していただいた「和光3.11を忘れない実行委員会」様からコンサートの様子を紹介していただきました。
                                   加藤友成(18 回生)

    感動!

                           和光3・11を忘れない実行委員会
                               事務局長  齋藤 大介

    3月14日、埼玉県「和光市民文化センター」で、石巻市民交響楽団と石巻合唱連盟有志の合唱団60人が上京、首都圏のオケ・合唱400人とのジョイント演奏会を開催。大川小出身の佐々木克仁指揮者、石巻出身の声楽家渡邉公威さんや渡邉かれんさんらに、東京石中会の後援を頂いた繋がりから石高や石女出身の皆様も観客として大勢会場にお見え頂き、約1000人で満席。
    3・11直前から今年5月までの石巻での演奏(予定)4曲。中でも「カンタータ大いなる故郷石巻」で、涙した方々も散見。誰もが「大変感動」と。

    平成26年度 教育講演会開催される! 「夢を追いかける」

    「第11回 東京・石中会の集い」を終えて ~平成26年7月12日( 土) in 第一ホテル両国 清澄の間~

    横澤校長先生のご挨拶

    「東京石中会」と「石中教育講演会」

    石巻中学校 校長 横澤昌憲

     「東京石中会」設立10周年,心よりお喜び申し上げます。
     私が「東京石中会」の方と初めてお会いしたのは,教頭として本校に勤務していた平成17年2月,当時の広報委員会の井上勝夫委員長さん,首藤光春さん,鈴木健司さんが来校した時でした。三氏は,「東京石中会」の人材を在校生の大志を刺激することにぜひ活用してほしい旨を熱く語られていたことを記憶しています。

     当時校長であった綿引雄一校長(13回生)がそのご厚意をありがたく受け入れ,5月に実施する修学旅行の中で,先輩の話を聞く「課外授業」という形で実現することができました。講師は写真家の橋本照嵩さん,会場は生徒の宿泊しているホテルでした。

     また,翌年の1月には,本校で青沼義信さんより全校生徒に講話をいただきました。これが現在の「石中教育講演会」の原型となっています。直近では,宗教画家の渡辺総一さんより,「美と真実を求めて~キリスト教美術への旅~」と題してお話をいただきました。

     美術と宗教との出会い,そして,それらの融合。渡辺さんのお人柄もよく分かり,生徒も非常に興味をもって聴講していました。

     これまで,9名の先輩方から様々な分野の興味深いお話をいただきました。生徒個々が自らの職業観や勤労意識,生き方について考えるためのよいきっかけづくりになっていると確信しております。

     「東京石中会」あっての「石中教育講演会」であり,今後も本校の恒例行事である「石中教育講演会」への先輩諸氏のご派遣を強く願うところであります。石巻の地より,「東京石中会」の更なるご発展と会員の皆様のご健勝をお祈り申し上げ,結びといたします。

    石巻中学校同窓会「群鴎会」会長挨拶

    東京石中会10周年おめでとうございます。
    そして、この会を支えて下さっている皆様、大変ご苦労様です。
    2011.3.11の巨大津波で「記憶の中にある石巻」は一変しました。4千人を超す人々の生命も一瞬の内に奪われました。
    しかし、生かされた私達は「必ず石巻を再生させる」との決意と覚悟で、色々の問題解決の為、行動を起こしております。
    復興への道程にある2つの大きなポイントは、産業の再生と住宅の確保です。2つの風がふいています。放射能の風評被害と3.11そのものの記憶の風化です。
    故郷を離れてしっかりとした実績を残された東京石中会の皆様も、それぞれの絆の中で、3.11以後対応されたものと思います。共に気合を入れて誇りを持って進みましょう。
    これからも、一日も早いより素晴らしい石巻創成に努力していきますので、ご指導と力強い応援を宜しくお願い申し上げます。そして、東京石中会の皆様のご活躍と会の発展を心から期待しております。

    群鴎会    
    会長 浅野 亨

    亀山石巻市長からの礼状

    東京石中会の皆様

    拝啓 残暑の候 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 

     東日本大震災発生以降、当市への義援金をはじめとする御支援、御声援、誠にありがとうございます。石巻出身の皆様が関東の地から石巻の復興を応援して下さっていること、本当に嬉しく思います。

     震災後、改めて感じたことは人と人との「絆」の大切さでした。皆様からの温かい励まし、力強いご支援は、私たちに「がんばる力」と「困難を乗り越える勇気」を与えていただきました。

     未だ被災者の暮らしを取り戻すための住宅再建、あらゆる産業の復興促進、就労の場の確保による定住人口の回復と大きな課題が立ちはだかっていますが、応援してくださる皆様に被災地から災害に強いあらたなまち・石巻の復興した姿をお見せできるよう、邁進して参る所存ですので、今後とも、本市の復興を見守りいただければ幸いと存じます。

     末筆ではありますが、貴会のますますのご発展と会員の皆様の御健勝をお祈り申し上げ、御礼といたします。

                                      敬具

      平成25年8月20日

                                       石巻市長   亀山 紘

    広報誌「友よ」 第九号

    広報誌「友よ」 第九号

    事務局からのお知らせ

    日頃は東京石中会の活動にご協力・ご支援を賜り誠に有難うございます。
    東日本大震災から早や二年が過ぎました。復興に向けた遠い道のりを感じながらも一歩一歩前進しているふるさと石巻の姿を見るにつけ我々に今できることは何かを問い続けるこの頃でございます。

    東京石中会は平成25年度に「第十回東京石中会の集い」を迎えることになります。
    この記念すべき節目に新たな取り組みをすることにいたしました。ひとつは広報誌「友よ」の特別拡大版を発行することでございます。

    ふるさと石巻との交流を活発にしたいということで様々な情報をご提供させていただきました。今回の発行にあたりましては関係の団体・個人の方に多大なるご支援をいただきました。改めまして心より御礼を申し上げます。二つ目はホームページの全面リニューアルでございます。

    「石巻圏OBOGの広場」「石巻圏首都圏情報」等の新たなコーナーを設けました。これを機にたくさんの情報を発信していきたいと考えております。また加えて石巻圏や首都圏で復興に向けた活動をしている団体との連携も進めております。役員一同これからもより一層「石巻」と「会員の皆様」との交流を深めていけるように尽力していきたいと考えております。

    会員の皆様にご協力ご支援のお願いでございます。まず第1点目は平成25年度分の会費1,000円の納入でございます。本会はご存知の通り会員の皆様の浄財で運営されております。何卒ご理解の上ご支援のほどお願い申し上げます。第2点目は「会員の募集」でございます。首都圏在住のOB・OGの方々に幅広く会員となっていただきより一層活気のある東京石中会としたいと考えております。お誘いあわせの上入会いただきますよう宜しくお願いいたします。

    第3点目は「役員の募集」でございます。現在役員は少人数での運営をしております。いつでも募集しておりますので是非とも応募いただきますようにお願い申し上げます。
    今後ともご協力ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

    事務局長
    加藤友成

    「第10回東京石中会の集い」のご案内

    東京石中会の会長の挨拶

    薫風爽やかにして、樹々の緑に足を止めて見とれる季節となりました。
    3.11東日本大震災から2年余りが過ぎたのに、何も変わらない荒涼とした石巻の風景は何かを叫んでいるようにしか思えてなりません。一日も早く復興が進むことを願って止みません。

    さて、今年の総会は10年目の節目を迎え少々拡大した企画内容で望みたいと計画しております。
    石中の横澤校長先生をお招きして基調講演、テノール歌手渡邊公威さんの独唱やジャズトランペッター伊勢秀一郎さんの演奏など盛りだくさんの企画を計画しております。

    総会・懇親会を下記により開催しますので、ご多用中とは存じますが同期生や知人の方を
    お誘い合わせの上ご出席賜りますようご案内申し上げます。

                              2013年4月吉日
                              東京・石中会 会長 飯田勝紀


    「第10回東京石中会の集い」のご案内

    1.日時

    平成25年6月16日(日)12時~15時
    ○受付開始:11時30分
    ○総会・懇親会:12時~15時

    2.会場

    第一ホテル両国
    東京都墨田区横網1-6-1
    TEL03-5611-5444
    JR:東京駅より秋葉原駅乗換えにて両国駅下車し東口又は西口より徒歩6分
    地下鉄:都営大江戸線両国駅下車A1出口直結
    [ホテル] http://www.dh-ryogoku.com/
    [地図] http://www.dh-ryogoku.com/access/

    3.宴会

    ○第一部 「総会」
    ○第二部 「懇親会」

    *終了後、同ホテル内で二次会(参加自由)の会場をご用意しております。

    4.会費

    8,000円 (当日受付にて)

    5.問い合わせ先東京石中会事務局

    メールアドレス:t-sekicyukai-tk@jcom.home.ne.jp

    banner

    *申し込みは5月16日までにお願いします。

Copyright(c) 東京・石中会 All Rights Reserved.